• The便秘
  • 診断ツール
  • トピック
  • ニュース
  • 過去記事
  • Q&A
  • 原因
  • 病気

The便秘

2012-1-4UPDATE

asumin

asumin

便秘に悩む人の3分の1が腸の病気が原因になっている

多くの人が便秘を経験したことがあるのではないでしょうか。でも、便秘が病気のサインであると考えたりしませんよね!? 便秘になってもなんとも思わない人が多いですが、実は便秘が恐ろしい病気のサインかもしれないのです! 便秘は心と体のバロメーターとも言えるでしょう。軽くみてはいけません。

137

機能性便秘と器質性便秘

便秘は大きく2種類に分けられ、機能性便秘と器質性便秘があります。そして、便秘に悩む人の3分の2が機能性便秘であると言われています。

機能性便秘

腸の機能が低下して排便がスムーズにできなくなる。
(食物繊維の摂取量の不足・運動不足・筋力不足・加齢などが原因)

器質性便秘

腸管の病気などにより、腸管が細くなることなどが原因で排便が困難になる。

「ダイエットに良くない」「肌荒れの原因になる」など、便秘になると美容やダイエットに悪影響があると考える人は多いのですが、便秘だからといって「病気かもしれない」と考える人は少ないですよね……。

でも、便秘に悩む人の3分の1は、腸の病気が原因で便秘になっているんです。

便秘を引き起こす腸の病気

腸の病気が原因となって引き起こされる便秘は、食生活や生活習慣を改善しても解消されません。さまざまな便秘対策をしているけれど便秘が改善されないという場合には、腸の病気が原因になっている可能性もあります。

大腸がん

大腸がんの症状は、便秘のほかに下痢、残便感(排便しても便が残っているような感じがする)、便秘と下痢を繰り返す、便が細い、腹痛、腹部膨満感、血便などがあります。「毎日快便だったのが、急に3日に1度しか出なくなった」など、急に便通に変化があった場合などは注意が必要です。

大腸がんは、内科や消化器科を受診し、問診や内視鏡検査などで診断します。

大腸ポリープ

ポリープには、腫瘍以外のものもありますが、良性の腫瘍である場合と悪性の腫瘍である場合があります。悪性腫瘍は、ご存知の通りがん化した腫瘍です。しかし、大腸ポリープならば、たとえがんが含まれていたとしても早期のものなので、進行がんでない場合が多いです。

もちろん、ポリープが必ずがん化するわけではありません。放置してもがんにならないポリープもあります。

腸閉塞(イレウス)

腸閉塞とは、読んで字のごとく、腸が閉塞してしまう病気です。腸が詰まってしまうのですから、食べたものや消化液などが腸内に溜まってしまいます。排便がなくなり、お腹にガスが溜まりやすくなります。また、激しい腹痛や嘔吐などの症状も現れます。

腸閉塞は専門的な治療が必要な病気です。早めに病院を受診する必要があるでしょう。腸閉塞は進行や種類にもよりますが、内科的な治療で改善が見込めない場合などに、外科的な治療を行います。

子宮筋腫も便秘を引き起こす

子宮筋腫とは、子宮にできた良性の腫瘍です。そのため、多くの女性が子宮筋腫を持っているとされています。自覚症状がない場合もありますが、子宮筋腫ができる場所や大きさなどによって、他の臓器を圧迫してさまざまな症状を引き起こすこともあります。

そのため、子宮筋腫が腸を圧迫する場合には、便秘を引き起こしてしまう場合もあるんです。

子宮筋腫は、症状がなければ治療を行う必要はありませんが、子宮筋腫により便通に悪影響があると診断された場合には、専門的な治療を行う場合もあります。気になる場合には、婦人科を受診すると良いでしょう。

The便秘ランキング The便秘の新着記事 The便秘Q&A

@mnrchan

The便秘のTwitter公式アカウントです。

ページの先頭へ