• The便秘
  • 診断ツール
  • トピック
  • ニュース
  • 過去記事
  • Q&A
  • ビオフェルミン
  • 乳酸菌

The便秘

2012-1-25UPDATE

Saito Jiro

Saito Jiro

ビオフェルミンが飲みたくなる!?乳酸菌の驚きのメカニズム

ビオフェルミンはビオフェルミン製薬会社の製造販売している、乳酸菌を原料として作られた薬です。乳酸菌の高い整腸作用により、普通の整腸剤だけじゃなく、下痢止め、止瀉薬、便秘薬、他に健胃消化薬やガスによるお腹の張りを抑える薬があります。

154

ビオフェルミンで善玉菌を補おう

ビオフェルミンは乳酸菌を利用した整腸剤でして、便秘や下痢の予防の為に多くの人が服用しています。乳酸菌の働きから、ビオフェルミンの効果を確認していきましょう。

ビオフェルミンの効果:プロバイオティクスとは

乳酸菌は私たち人間の腸内に常に存在している常在菌ですが、善玉菌である乳酸菌以外にも、大腸菌や黄色ブドウ球菌などの悪玉菌も存在しています。

腸は善玉菌と悪玉菌のバランスが取れていることにより、食べた物を消化・吸収しやすいように分解、外部から侵入した病原菌を排除などが行われます。

善玉菌優生のパワーバランスなら良いのですが、悪玉菌が優生となると、悪玉菌が物質を分解時に発生する腸の働きが悪くなり、便の排出が正しく行われず、便秘や下痢の原因となってしまいます。

プロバイオティクスとは宿主である人間に良い影響を与える微生物ですので、腸内の悪玉菌を減らすためには、善玉菌を増やす必要があり、乳酸菌のことをプロバイオティクスと言うことができます。

乳酸菌を効率良く摂取できるビオフェルミン

腸内細菌は食事内容やストレスの影響を受けやすく、簡単に悪玉菌優生の状態になってしまいます。

乳酸菌は多くの発酵食品に含まれておりますが、ビオフェルミンは大腸に作用するビフィズス菌、小腸に作用するフェーカリス菌、アシドフィルス菌の3種の乳酸菌を配合することで、腸全体で善玉菌を増やし効果的な整腸作用を、飲みやすい薬として昇華させたものです。

赤ちゃんでも飲める安全性

子宮が大きくなることで、内蔵が圧迫される妊婦さんや、体が未発達でストレスの影響を受けやすい赤ちゃんは、便秘になりやすい体といえます。

ビオフェルミンの成分は人間由来の乳酸菌ですから、細粒なら生後三ヶ月の赤ちゃんでも飲むことができます。また、乳酸菌自体が体内に吸収されることがありませんので、妊娠している妊婦さんや、授乳中の人も飲むことができます。

ビオフェルミンは誰でも安心して飲むことができ、飲み続けても害などありませんから予防薬として腸内バランスを整え、正しく維持することもできます。

腸を健康に保つ目的とは?

腸内の細菌バランスを正常に保つことは、便秘や下痢を改善するために必要ですが、他にも免疫力の向上や、生活習慣病の元とコレステロール・中性脂肪の吸収を防ぐためにも必要って知っていましたか?

そもそも腸には体内の免疫細胞の60%が存在すると言われており、腸の働きが鈍ることで身体の免疫機能自体も低下するとされています。
乳酸菌は腸を刺激して蠕動運動を促すだけじゃなく、免疫細胞も活性化させる作用もあります。

善玉菌が減り腸内環境が悪くなると正しい排便が行われず、便が腸内に留まることで余計な脂肪分が吸収されてしまいます。

乳酸菌自体に脂肪から中性脂肪を作る、肝臓で生成される膵リパーゼの機能を抑制する作用があります。腸内環境を整えることは、肥満の予防にも繋がると言えます。

乳酸菌は種類が多く、未だに新しい乳酸菌が発見され、全く新しい作用も発見されています。

The便秘ランキング The便秘の新着記事 The便秘Q&A

@mnrchan

The便秘のTwitter公式アカウントです。

ページの先頭へ