• The便秘
  • 診断ツール
  • トピック
  • ニュース
  • 過去記事
  • Q&A
  • ヨーグルト
  • 便秘解消
  • 食事

The便秘

2011-11-30UPDATE

asumin

asumin

便秘を解消するためのヨーグルトの選び方

便秘解消に効果的な食品として定番となっているヨーグルト。最近はいろんな種類が発売されていますね。でも、本当のところ、どのヨーグルトが便秘解消に適しているのかわからない人が多いのでは?? 便秘解消を目的としているなら、より便秘に効くヨーグルトを選びませんか??

150

ヨーグルトが便秘に効くワケ

ヨーグルトには乳酸菌が含まれています。人の腸の中には、100種類以上、100兆以上もの細菌がいます。そして、その細菌には健康に良い働きをする善玉菌と、健康に悪い働きをする悪玉菌があります。
もちろん乳酸菌は善玉菌の一つで、善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、健康にも便秘にも良い働きをしてくれるんです。

では、悪玉菌が増えてくるとどうなるのでしょう?
健康に良くないというのは想像できますよね。実は、腸内を腐敗させてしまうんです。「腐敗」って……すごく汚いイメージを持ってしまいますが、腸内に悪いものが溜まっているのですから、体に良いわけがありませんよね。
腸内が腐敗してしまうと、腸は正常に働きません。腸の働きが悪くなって便秘になりやすくなったり、悪玉菌が出したガスで、お腹が張ったりします。
でも、悪玉菌の影響はこれだけではないんです。下痢、高血圧、動脈硬化、ガンなどさまざまな病気の原因になってしまいます。腸内に溜まった毒素は、全身にも回ってしまうので、肌荒れやイライラ、肩こり、痩せにくい、疲れやすいなどのさまざまな症状を引き起こしてしまいます。

腸内環境ってすごく大切ですね。ヨーグルトには腸内環境を整える働きがあるので、便秘解消に良い食品としてヨーグルトが定番になっているのも納得です。

プロバイオティクスって何?便秘に良いの?

乳酸菌の便秘解消効果は納得できましたよね!?でも、乳酸菌は食べてから、胃を通過する時に、胃酸によって壊されてしまうということがわかっています。つまり、乳酸菌が腸に届く前に死んでしまうのです。

そこで開発されたのが、「プロバイオティクス」です。CMなどで聞いたことはあるのではないでしょうか?
「なんとなく体に良さそうだから」と、もう取り入れている人もいるかもしれませんね。
プロバイオティクスは、生きたままの細菌を含んでいるもののことを言い、生きたまま乳酸菌などの有効な細菌を腸まで届けることができるので、効果的に腸内環境を整えることができるんです。
多くの会社でプロバイオティクスが研究され、生きたまま乳酸菌が腸まで届くヨーグルトが販売されています。

乳酸菌は生きたまま腸まで届かなければ意味がないの?

最近の研究では、死んでしまった乳酸菌も、病気の予防などに有効とされています。プロバイオティクスでなければ意味がないというわけではありません。
でも、やはり生きたままの乳酸菌が腸まで届いて、腸にすみついてくれた方が腸内環境にとって有効なので、プロバイオティクスのヨーグルトでない場合には、胃酸が薄まっている食後に摂取すると良いです。

便秘対策に良いヨーグルト選び

生きたままの乳酸菌(または乳酸菌の一種であるビフィズス菌)が含まれている、腸まで生きたまま菌が届いてくれるヨーグルトが良いでしょう。
もちろん、美味しく食べられることも大切ですので、いろんなヨーグルトを試してみると良いですね。

The便秘ランキング The便秘の新着記事 The便秘Q&A

@mnrchan

The便秘のTwitter公式アカウントです。

ページの先頭へ