• The便秘
  • 診断ツール
  • トピック
  • ニュース
  • 過去記事
  • Q&A

The便秘

2012-7-5UPDATE

Saito Jiro

Saito Jiro

【それだけ!?】 “3つの不足”対策で便秘も解決

もう何日もお通じがなくて大変…。あまり、お薬に頼ると逆に出なくなるっていうでしょう。つらい食事制限とかもあまりしたくないんだよね。便秘で病院に行くのも恥ずかしいしどうしたらいいのかな?

104

便秘解決には“3つの不足”解消が鍵

便秘は、子供から大人まで悩ませています。
『排泄できない。便の量が少ない。便が硬い。』等色々な症状があります。
また、『時間が無いから我慢する。学校でトイレに行くのが恥ずかしい。』といったものもあります。なかなか便秘を改善できる状況ではなさそうにみえます。
さらに日常の生活で“3つの不足”というものも便秘の原因をつくっています。

便秘は治りにくいと思うかもしれませんが、便秘解決は可能です。

 “3つの不足”を解消すれば便秘も改善されるでしょう。
さらに、便秘の種類を理解しておくと解決しやすいでしょう。それにより自分にあった改善方法がわかるでしょう。

こんなにある!?便秘の種類

便秘には大きく『器質性便秘(きしつせいべんぴ)』『機能性便秘(きのうせいべんぴ)』の2種類に分かれます。

器質性便秘

消化器系に異常がある場合におこるもの。生まれつき腸に異常をもっている『先天性』のものと疾病によりなってしまう『後天性』の2種類に類別されます。

機能性便秘

『急性便秘』『慢性便秘』に類別されます。

急性便秘

食生活の変化や妊娠、急激な体重の減少(ダイエット)が原因で一時的に起こる症状です。

慢性便秘

長い期間にわたる腸の異常が原因でおこる症状で、弛緩(しかん)性便秘 直腸性便秘 痙攣(けいれん)性便秘の3種類に分かれます。

  • 『弛緩(しかん)性便秘』

    弛緩とは緩むという意味。便秘においては、筋力の低下(緩み)により、ぜん動運動が弱まり便を送り出せないで起きるものをいう。

  • 『直腸性便秘』

    直腸内に便が移動しても便意が起こらない状態でおきる便秘。便意の我慢を繰り返ししているうちにおきる症状。硬い便が特徴的。

  • 『痙攣(けいれん)性便秘』

    ストレスや睡眠の不足等が理由で副交感神経が緊張し、腸が過敏に反応してしまう。そのため腸が痙攣してしまう。さらにぜん動運動も強すぎるためになかなか排便できないのが特徴。残便感(便が残っている感覚)があるという特徴もある。

このように、便秘はおおまかに2種類。さらに細かく4種類にわかれます。器質性便秘においては治療による解決になってしまいますが、機能性便秘においては解決できます。症状を理解したうえで、“3つの不足”を解消するのであれば、便秘は解決できるでしょう。

3つの不足を解消して便秘も解消

食物繊維不足を解消する

便秘になったら一度食事を見直すと良いでしょう。食物繊維が不足しているかもしれません。
食物繊維が不足してしまうと便秘になります。意識的に取るようにしましょう。
食物繊維はその性質上、便をやわらかくする働きや腸内環境を整える働きがあります。そのため弛緩性便秘の方や直腸性便秘の方には特に必要な成分でしょう。十分な量の食物繊維をとり、ぜん動運動を促して便秘を改善しましょう。

睡眠不足を解消する

睡眠と便秘がどう関係あるのかと思われるかもしれませんが、睡眠不足は便秘誘発します。睡眠不足は自律神経の乱れの原因となります。自律神経が乱れると腸の過敏な反応で便秘を起こします。痙攣性便秘になりやすいです。
十分な睡眠をとり規則正しい生活をする事で自律神経を整え便秘の解消をしましょう。痙攣性便秘の方はとくに睡眠に注意を払われると良いでしょう。

運動不足を解消する

運動する事も便秘の解消には良いでしょう。
しかも、激しい運動をする必要はありません。ウォーキングや腹式呼吸でも効果は期待できます。特に腹筋力をあげる事で腸のぜん動運動は強まります。便を押し出す力が強くなり、気持ちよく排便できるでしょう。さらに運動後には水分も取るようになりますので、便の移動がスムーズになります。弛緩性便秘の方は特に効果的でしょう。

食物繊維+睡眠+運動の3本柱をしっかりたてる

この“3つの不足”は陥りやすいものです。意識的に自分の生活を見直し、欠けているものから取り組まれると良いかもしれません。また、『自分の症状がどんな状態なのか』『何がきっかけでなったのか』を理解できたのであれば、そこから足りない部分を取り入れるようにして改善されると良いでしょう。

便秘は誰でも起きる症状です。それでも、治らないものではありません。『食物繊維』『睡眠』『運動』という日常で失われがちな “3つの不足”を解消するなら、便秘も改善できます。

この記事に類似した記事
  • 関連記事はありません。
  • 解決するには症状を知る

    解決するには症状を知る

    便秘は原因も症状も様々。症状を知っているなら解決できる。

  • 便秘は1種類ではない

    便秘は1種類ではない

    便秘の種類は多い。原因やその症状によって5種類にわかれている。

  • 便秘の原因を作らない

    便秘の原因を作らない

    『食事』『睡眠』『運動』を不足させると便秘になりやすい。意識的に取り入れ便秘の原因をつくらない事が大切。

 
 
The便秘ランキング The便秘の新着記事 The便秘Q&A

@mnrchan

The便秘のTwitter公式アカウントです。

ページの先頭へ