• The便秘
  • 診断ツール
  • トピック
  • ニュース
  • 過去記事
  • Q&A
  • 便秘解消
  • 治療

The便秘

2011-12-9UPDATE

asumin

asumin

自分で手軽にできる腸内洗浄に潜むリスクとは!?

腸をキレイにすることで、美容や健康、ダイエットなどに効果が得られるとされる腸内洗浄。自分で手軽に行える腸内洗浄キットも販売されています。腸内洗浄というと、エステや病院などでも行われていますが、本当に自分でやっても大丈夫なのでしょうか。

106

自分で手軽にできる腸内洗浄に潜むリスクとは!?

腸のイラスト

腸は十二指腸・小腸・大腸の3種類の器官のことをいう。小腸はは約7~9mという長さで人体で最も長い。
(参照:腸で困ったら読むページ)

腸内洗浄とは、その名の通り「腸を洗浄してキレイにすること」です。お尻から洗浄液を注入し、腸内の汚れを排出するのです。

自宅で行う場合には、洗浄液を体温と同じくらいの37度に温め、お尻にカテーテルを挿入し、洗浄液を腸内に注入していきます。

液が腸内に入ったら、トイレで排出します。洗浄液を排出する際に、腸内の汚れや溜まっていた便が一緒に排出され、腸内をキレイにすることができるのです。

腸内に注入する洗浄液は個人差がありますがだいたい1000ccです。コーヒーを主成分とする専用の液を使用します。

市販されている自宅用の腸内洗浄キットには、洗浄液と注入するカテーテルなどがセットになっていて、洗浄液を薄めるための水さえ用意すれば自宅で腸内洗浄が行えます。

腸内洗浄は医療行為

腸内洗浄は、病院でも出産や腸の治療を控えている人などに行われている行為であり、医療行為です。医療行為は、医師の資格や医師の指示なく行うと罰せられます。実際に、腸内洗浄を医師の指示なく行ったとして逮捕者も出ています。

医療行為なので、自分で行う場合はリスクがあります。しかし、自分で行うのですから罰せられることはありません。自分の体なので、自己責任で行うならば良いということになるでしょう。

腸内洗浄のリスク

腸内洗浄は、次のようなリスクを伴います。

  • 腸の粘膜の損傷
  • 直腸穿孔(直腸に穴が空く)
  • 腸の働きを悪くする
  • 便秘(便秘の悪化)

腸内洗浄は腸への刺激が大きく、繰り返し行って腸が刺激に慣れてしまうと、排便が起こりにくくなってしまいます。
腸の粘膜などを損傷することで、感染症を引き起こす可能性もあります。

また、便秘は体調不良や病気などの症状でもありますが、腸内洗浄でばかり便秘を解消していては、病気に気付かずに悪化させてしまう可能性もあります。
大腸がんの症状に便秘がありますが、病気のサインを見逃して発見が遅れてしまうと、取り返しがつかなくなってしまうことも……。

腸内洗浄にはメリットはあるの?

腸内洗浄はガンコな便秘を解消することができます。でも、「解消」と言っても、便秘が治るわけではなく、その時点で蓄積している便を排出できるというだけです。
腸内洗浄を行うことで、便秘しやすい体質が治るというわけではありません。

便秘を解消することができれば、健康や美容、ダイエットにも効果があります。腸内洗浄で便秘を解消すれば一時的に効果を得られるかもしれませんが、便秘になる根本の原因を解消しているわけではないので、効果が長く続かない可能性があります。

安全に腸内洗浄を行う方法

安全に腸内洗浄を行いたいならば、やはり医療機関で相談することが1番でしょう。
優れた腸内洗浄キットが販売されているのかもしれませんが、やはり自分で行うことは安全とは言えません。また、エステで行う場合には、医師のいるエステなのかを確認する必要があります。

また、「どうしても便秘でカチカチになってしまって出せない」という場合は仕方ないのですが、日常的に腸内洗浄を行うのはおススメできません。
腸内洗浄を行う前に、食生活や生活習慣などを見直して、まずは便秘の原因を見つけてみてはいかがでしょうか。

The便秘ランキング The便秘の新着記事 The便秘Q&A

@mnrchan

The便秘のTwitter公式アカウントです。

ページの先頭へ