• The便秘
  • 診断ツール
  • トピック
  • ニュース
  • 過去記事
  • Q&A
  • ビフィズス菌
  • 乳酸菌

The便秘

2012-1-12UPDATE

Saito Jiro

Saito Jiro

オリゴ糖はビフィズス菌を中から増やす!!

腸内の善玉菌が減っちゃうと便秘になってしまうことがあります。善玉菌である乳酸菌が沢山入っているヨーグルトを食べると、外からの乳酸菌を増やすことができますよね!さらに腸内にいる善玉菌を増やす方法があるとしたら、知りたくありませんか?

82

ビフィズス菌を中から増やすオリゴ糖

乳酸菌・ビフィズス菌は酸に弱いため、生きて腸まで届きにくく、食べ物から腸内の善玉菌を直接増やすのは難しいとされています……。
では、体の中から善玉菌を増やすことはできないのでしょうか?

実は善玉菌を増やす効果がある食品がオリゴ糖なのです。

オリゴ糖って何なの?

オリゴ糖とは三大栄養素に分類されている炭水化物(糖質)の一種です。

炭水化物は分子構造の違いにより、単糖、少糖、多糖に分けられ、オリゴ糖の「オリゴ」はギリシア語で「少ない」という意味があり、そのまま少糖に分類されます。

単糖という小さな糖分子がいくつか(2~20個ぐらい)連なって少糖・オリゴ糖になり、その種類は数百種類以上あります。

単糖が2つくっついた物を少糖に分類されますが二糖類ともいい、私たちに馴染みの深い砂糖(ショ糖)や水飴(麦芽糖)などで、これらもオリゴ糖の仲間といえます。

オリゴ糖の何がすごいの?

オリゴ糖には善玉菌の餌となって、ビフィズス菌を増やす効果が確認されています。

お腹の調子を整えるには、腸内細菌である善玉菌を増やすことが良いってことは、みなさん知ってますよね。善玉菌といえば乳酸菌・ビフィズス菌が代表的でして、悪玉菌が増えるのを抑えて、便秘や下痢になるのを防いでくれます。

特にビフィズス菌は、生まれて数日の赤ちゃんの腸内にも確認でき、細菌感染を防ぐ常在菌としては必要不可欠な存在といえます。

しかし、ビフィズス菌は歳を取るごとに減っていき、生活習慣や食事内容によっても減少してしまい、ヨーグルトで腸内の乳酸菌(ビフィズス菌)を増やそうとしても、元々いる乳酸菌とヨーグルトの乳酸菌の相性などにより、思うようには増えないと言われております。

今いるビフィズス菌に餌をあたえ育てることで、効果的に善玉菌の数を増やすことができるのです。

砂糖を沢山食べればビフィズス菌が増えるの?

残念ながら砂糖にはオリゴ糖のようにビフィズス菌を増やす効果はありません。

というのも、砂糖はすぐに消化吸収され、エネルギーとして使われてしまうため、腸内にいるビフィズス菌の餌になることができないのです。

「二糖である砂糖」もオリゴ糖の仲間ですが、複数の糖質が組み合わさったオリゴ糖の中には消化されにくい物があり、それらが胃酸や胆汁にも溶けず腸のビフィズス菌を増やす手助けをしてくれるのです。

オリゴ糖って何に入ってるの?

身近な食品としては、バナナ、たまねぎ、ゴボウ、大豆(納豆など)、はちみつ、サトウキビなどに含まれています。

そして最もオリゴ糖が多く含まれているのが母乳で、母乳のみで育った赤ちゃんの腸内ビフィズス菌数の割合は、腸内常在菌の99%にもなるとされ、ヒトミルクオリゴ糖と言われています。

人工的にオリゴ糖が配合された粉ミルクなどでは90%程度という差があることからも、母乳に含まれている沢山の種類の天然オリゴ糖にビフィズス菌を増やす効果があると分かります。

最近の研究で、ヒトミルクオリゴ糖に含まれるラクトNビオースという成分が、他のオリゴ糖成分に比べビフィズス菌と相性が良く、悪玉菌には分解吸収されないということが分かっております。

砂糖の代わりに使ってみては?

ビフィズス菌を増やす目的だけに、バナナなど食品を食べるには、かなりの量が必要となってしまいます。しかし人工的に作られたオリゴ糖食品にも、ビフィズス菌を増やす効果は確認されておりますので、砂糖の代わりに使ってみてはいかがでしょうか。

1日のオリゴ糖摂取目安量は2グラムから20グラム程度とされております。

砂糖が1gあたり4kcalなのに大して、オリゴ糖は半分の2kcal程度であり、また消化されにくい特徴から血糖値が上がりづらいという効果もありますので、整腸効果による便秘の解消だけじゃなく、ダイエットにも有効とされ、特定保健用食品に認定されている商品も沢山あります。

体に良いからって言っても、食べ過ぎたら意味がありませんので、オリゴ糖製品を使う場合は、定められている目安量を守るようにしましょう。

乳酸菌と組み合わせて効果倍増!

オリゴ糖は比較的熱に強いという性質があるので、コーヒーや紅茶、また普通の料理にも使うことができます。オリゴ糖製品の多くが程よい甘さで何にでも合うから、プレーンヨーグルトに加えたりすることもできます。

自然とヨーグルトにバナナを入れて食べていた人もいるんじゃないでしょうか。

人工のオリゴ糖製品だけじゃなく、バナナなどに含まれている天然のオリゴ糖も100℃程度の熱では分解されないとされますので、バナナの甘みをアップさせるホットバナナをレンジで作ったり、焼きバナナなんかもヨーグルトに入れると良いかもしれませんね。

ホットバナナはレンジで簡単に作れますけど、バナナが破裂する可能性がありますので、必ず皮に切れ込みをシッカリ入れてからチンするようにしましょう。

The便秘ランキング The便秘の新着記事 The便秘Q&A

@mnrchan

The便秘のTwitter公式アカウントです。

ページの先頭へ