• The便秘
  • 診断ツール
  • トピック
  • ニュース
  • 過去記事
  • Q&A
  • 乳酸菌

トピック

2011-11-29UPDATE

Saito Jiro

Saito Jiro

ビオフェルミンって何がよいの?乳酸菌が身体にいいわけと意外な効果

慢性的な便秘や下痢で悩まされている人は沢山います。過敏性腸症候群として知られ、生活スタイルやストレスなどが大きな原因とされますが、もしかしたら腸が正しく働いていないのかもしれません!

341

便秘だけじゃない!いますぐ増やしたくなる乳酸菌

乳酸菌とは名前のごとく、ブドウ糖などの糖類(炭水化物)を分解して、乳酸を生成する菌のことです。

腸内に存在する常在菌として知られており、善玉菌とも呼ばれ、悪玉菌とバランスよく存在することで、腸内環境が正常に保たれています。
便秘の原因となる悪玉菌優位の腸内環境を、善玉菌(乳酸菌)を増やすことで改善することができ、さらに身体に様々な効果を得ることができます。

・腸を刺激して蠕動運動を促す

乳酸菌はビフィズス菌などと合わせて善玉菌と言われ、腸内を酸性に保つ働きをします。
腸内が酸性になると、善玉菌の増殖を止め、便を排出するための大腸の蠕動運動を促す作用があります。

乳酸菌の整腸作用を利用したビオフェルミン

手軽に乳酸菌を摂ることができて、大人から子供まで飲める。
便秘や下痢を治すための専用タイプもある。

老廃物、毒素の発生を防ぐ

便が長く腸内に留まっていると、悪玉菌が作用し老廃物や毒素が生成されてしまう。老廃物は血管を通じて腎臓、肌、動脈硬化や血行障害を起こす。

・免疫力を高めてアレルギー症状を抑える

乳酸菌は免疫細胞であるマクロファージを活性化させ、アレルギーの抗原を攻撃するT細胞、B細胞の活動を助けます。免疫力のバランスが保たれることによりアレルギー症状の緩和にも繋がる。

サントリーの研究・発表からインフルエンザワクチンの効果を高めることも確認されている。

インフルエンザワクチンを接種する前に、プロテクト乳酸菌(S-PT84株)を取り入れておくことで、ウイルスに対する抗体が増加することが確認できた。

・コレステロールや中性脂肪の吸収を抑える

乳酸菌には、食べ物に含まれる脂肪を分解し中性脂肪を生成する膵リパーゼ(膵臓から分泌される酵素)の働きを抑える効果があります。
分解・吸収されなかった脂肪は便として排出されるため、中性脂肪やコレステロールの吸収量を減らすことができる。

日清食品HD、中性脂肪の吸収抑制作用が期待される新たな乳酸菌を発見(マイライフ手帳@ニュース) – livedoor ニュース

日清食品ホールディングスは、中性脂肪の吸収抑制作用が期待される「ラクトバチルス ガセリNLB1365」および「NLB367」を新たに発見した。

乳酸菌が多く含まれている食品

ビオフェルミンやテスミンなどの薬、沢山のサプリメントで乳酸菌を手軽に摂ることはできますが、普段の食事で補うことができるのが最も望ましいですよね。
乳酸菌は原料によって動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に分けられます。

・乳酸菌の定番といえばヨーグルト

ヨーグルト

乳酸菌食品の代表格。厚生省令(乳及び乳製品の成分規格等に関する省令)にて、含まれている乳酸菌の数が1mlにつき10,000,000個以上と規定されている。

・乳製品のチーズは料理に合わせやすくて食べやすい【動物性乳酸菌】

チーズ

チーズは牛やヤギなどの乳(ミルク)から、乳酸菌の発酵作用を利用して作られる。
プレーンタイプ以外にも、おやつ感覚のフルーツ系、飲むタイプなど種類が豊富。

・日本人の健康食といえる漬物【植物性乳酸菌】

漬物

野菜に自然に付着している乳酸菌が発酵が発酵の段階で増殖される。
キムチやぬか漬けは特に乳酸菌が多く含まれている。

・納豆に乳酸菌を入れた乳酸菌納豆【植物性乳酸菌】

納豆

納豆に乳酸菌を加えた乳酸菌納豆が新製品として販売されている。
納豆に含まれる納豆菌(ナットウキナーゼ)自体にも、腸内で善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすという作用がある。
元々納豆菌と乳酸菌は相性がいいから、普通の納豆とヨーグルトを一緒に食べるのがいい。

・何にでも使いやすい味噌【植物性乳酸菌】

味噌汁

大豆を原料として、麹と塩で発酵させ作る味噌には、植物性乳酸菌が多く含まれ、その量はヨーグルトと同等程度。
味噌汁にヨーグルトを入れたり、ヨーグルト合わせ味噌でぬか漬けが手軽で人気。

関連する記事の新着

【漬物すげ~!!】日本食で快便な理由が分かった!?

『便秘解消に効果を発揮する乳酸菌は、昔から日本人が慣れ親しんでいた!?』伝統的な日本の食文化には乳酸菌が密接に関係しているのをご存知でしょうか? 便秘予防・解消に効果を発揮する乳酸菌パワーを持った日本食の凄さを知ろう!

【乳酸菌のまとめ】ヨーグルト・乳酸菌飲料の効果をUP↑↑

便秘や下痢、疲れやすかったり風邪ひきやすい人にも乳酸菌が効くかもしれませよ!?花粉症が楽になるかも!?っていう効果抜群の乳酸菌の働きや種類、何に入ってるか、とか色々まとめました!!

乳酸菌の種類を身近なヨーグルトの効果で知りたい

ヨーグルトに書いてるLG21とかLB81って何か知ってますか?それは乳酸菌の名前です!おなかに良いって有名な乳酸菌には沢山の種類があるんですよ!?

  • ぜん動運動を促す

    ぜん動運動を促す

    乳酸菌には腸内を酸性に保つ働きがある。腸内が酸性になるとぜん動運動が促され排泄しやすくなる。

  • 免疫力をあげアレルギー症状を抑える

    免疫力をあげアレルギー症状を抑える

    乳酸菌は免疫細胞を活性化させ、アレルギーの抗原を攻撃する助けになる。免疫力が高まり、アレルギー症状の緩和になる。

  • 中性脂肪の吸収を抑える

    中性脂肪の吸収を抑える

    乳酸菌の作用に中性脂肪を抑える働きがある。中性脂肪の吸収を減らし分解しきれなかったものは便として排出される。

  • 乳製品と発酵食品で補う

    乳製品と発酵食品で補う

    ビオフェルミン等の乳酸菌は食事で補う事が可能。乳製品や発酵食品には豊富に含まれている。

 
 
The便秘ランキング The便秘の新着記事 The便秘Q&A

@mnrchan

The便秘のTwitter公式アカウントです。

ページの先頭へ