• The便秘
  • 診断ツール
  • トピック
  • ニュース
  • 過去記事
  • Q&A
  • 乳酸菌

トピック

2012-2-14UPDATE

Saito Jiro

Saito Jiro

【乳酸菌のまとめ】ヨーグルト・乳酸菌飲料の効果をUP↑↑

何となく体に良い…特に便秘に効くって聞いたことがある!?という理由でヨーグルトを食べている人が多くいますけど、ヨーグルトの健康効果は乳酸菌によるものです!私たちの体と食に関わりの深い乳酸菌についてまとめました。

226

プロバイオティクスといえば乳酸菌

ヨーグルト

乳酸菌の多いヨーグルト

ヨーグルト以外の身近な食品にも乳酸菌は含まれている

プロバイオティクスとは、人を健康にしてくれる微生物や、それらを含む食べ物のことです。
私たちは多くの微生物を共存していまして、特に腸管内に善玉菌と悪玉菌として多く存在し、数百種類、100兆個以上の細菌 が常在菌として、食べた物を分解し消化吸収を助けたりしています。

ライフスタイルや年齢により、腸内バランスが崩れることで体調を崩してしまう人がおりますが、腸内環境を整えることで、様々な健康効果を得ることができます。

腸内環境を整えるには善玉菌を増やす必要があり、善玉菌の代表格と言えるのが乳酸菌なんです。


乳酸菌には高い整腸作用、免疫力アップ、コレステロールを低下させる作用がある。

腸内の常在菌である乳酸菌は、糖を分解することで乳酸を発生させることができ、腸内のpH(酸性度)を上げることで、悪玉菌である大腸菌や黄色ブドウ球菌などが増殖するのを防ぐことができる。
乳酸菌にはマクロファージを活性化する作用もある。

マクロファージは免疫細胞であり、かつNK細胞やヘルパーT細胞を統率することで、アレルギーの抗原やウイルスなどを駆除、侵入を防ぐことで、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー性疾患の症状緩和が期待できる。
食べ物に含まれる脂質を分解する膵リパーゼを抑制する効果により、腸からの脂肪吸収を抑える。
また腸内の脂質を吸着し、便と一緒に排泄されることも合わさり、血中コレステロールを低下させ、中性脂肪を溜めない。

ビオフェルミン

乳酸菌が身体にいいわけと意外な効果

乳酸菌が体に与える影響と、多い食品を紹介。


便秘を治したいなら植物性乳酸菌の方が効果的

乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があり、植物由来の乳酸菌の方が排便回数が増えやすい。
乳酸菌には酸、アルコールなどの環境に弱いという特徴がある(種菌の種類による)。
漬物に多い植物性乳酸菌は他の微生物である酵母と共存し、アルコールや塩などに耐性が有るものが多い。

そのため胃や十二指腸などの消化器官を通過しても生存率が高いとされ、生きたままで腸に届き高い整腸効果を発揮する。

キムチ

ヨーグルトよりも漬物の方が便秘に効く理由

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌を比較。


ヨーグルトは入ってる乳酸菌の種類によってプラスα効果がある

乳酸菌の主な効果は整腸作用。
その整腸作用も腸まで乳酸菌が生きて届くか、死滅した状態で届くかによって違いがある。
市販ヨーグルトはメーカー、製品によってメイン乳酸菌の違いから、それぞれにプラスアルファの効果(以下参照)が違い、その効果から特定保健用食品として許可されている製品も多い。

  • 免疫機能アップ
  • 腸だけじゃなく胃に効く(ピロリ菌抑制)
  • すぐに便と一緒に排出されずに腸に留まる
  • 酸に耐性があるから腸までの生存到達率が高い
  • 腸の老化を防ぐ(細胞活性化、腸壁の保護)
  • 腸内に生きて届いてさらに増殖する

など

明治R-1ヨーグルト

健康系ヨーグルトの種類と効果一覧

市販ヨーグルトの使われている乳酸菌の種類と、その作用を紹介。


乳酸菌はサプリメントでも補給できる

ヨーグルトを食べるのが面倒、乳酸菌飲料の味が苦手、カロリーが気になるという人は、サプリメントでも乳酸菌を補充することができる。

錠剤や粉状などの乾燥状態では乳酸菌が死んでいると思われがちですが、乾燥による仮死状態は体内で水分・栄養分を吸収することで活性化する。
サプリメントが信用出来ない人は、続けて飲んでも害がない製薬であるビオフェルミンを飲むのも良い。

サプリメント

便秘の人は取り入れておきたいサプリメント5選

便秘を治すのに効果的な栄養素・サプリメントを紹介。


ビフィズス菌は乳酸菌の一種

乳酸菌の定義は糖質を分解して乳酸を発生させる微生物。
ビフィズス菌は乳酸と酢酸を生成するのでヘテロ乳酸菌(乳酸以外も生成する)に分類される(乳酸のみを生成するのはホモ乳酸菌)。

酢酸は乳酸菌よりも殺菌能力が高く、腸内の酸性度pH5~6でも殺菌力が衰えないので、大腸菌や黄色ブドウ球菌など悪玉菌の減らすことができる。

ビフィズス菌

腸内環境を改善するビフィズス菌

乳酸菌の中でも健康効果の高いビフィズス菌を紹介。


ドリンクタイプの乳酸菌飲料でも十分に乳酸菌を摂取できる

ヨーグルト(発酵乳)と乳酸菌飲料の違いは、生菌の場合は原料となる生乳の無脂乳固形分の割合のみなので、乳酸菌の量はヨーグルトよりも多い場合がある。

多くの製品が生きた乳酸菌(生菌)を使用しているが、殺菌されていたとしても腸内にて善玉菌を増やす手助けにはなる。

乳酸菌飲料

コンビニで買える乳酸菌飲料一覧

ヨーグルトと乳酸菌飲料の定義の違い。健康効果の高い市販乳酸菌飲料を紹介。


乳酸菌は種類によって得られる効果に違いがある

乳酸菌は未だに新しい種類の種菌が発見され、分かっているだけで2000種類以上は存在している。
多くのメーカーで独自の乳酸菌を使用したヨーグルトや乳酸菌飲料が販売されており、製品によって効果・特性に違いをもたせている。

胃液や胆汁で死滅しないように耐酸性の強い種菌がヨーグルトには好まれてる。
植物性乳酸菌は「植物だけにいる」という訳ではなく、植物系発酵食品に多いというだけでヨーグルトやチーズにも同じ種類の乳酸菌はいる。

乳酸菌

市販ヨーグルトで分かる乳酸菌の種類

体に良い影響を与える乳酸菌の種類を身近な市販ヨーグルトで紹介。


ビオフェルミンSは3ヶ月の赤ちゃんでも飲める整腸薬

ビオフェルミンに使われている乳酸菌の種類は、ビフィズス菌、フェーカリス菌、アシドフィルス菌という、人間の腸内常在菌のため安心して飲むことができる。
常在菌だから数百を超える微生物で形成される細菌叢(腸内フローラ)との親和性が高い。

便秘薬とは違うので飲み続けても効かなくなるということはなく、特にビオフェルミンは年齢と共に減るので、便秘や下痢じゃなくても続けて飲む方が良い。

赤ちゃん

ビオフェルミンの働き

ビオフェルミンの効果や、腸の働きから整腸作用のあるビオフェルミンを飲むメリットを紹介。


ケフィアの方がヨーグルトよりも整腸効果が高い

乳酸菌だけのヨーグルトよりも、乳酸菌と酵母による共生発酵で作られるケフィアの方が、劣悪な環境に強いとされ、乳酸菌が生きたまま腸に届きやすいとされている。
乳酸だけじゃなく酵母が酢酸を作ることから酸性度を高め悪玉菌を抑制する。
共生発酵により牛乳の分解が進むため、栄養素を余すことなく消化・吸収しやすくなる。

ケフィア

ケフィアとは?

ケフィアとヨーグルトの違いや、ケフィアの作り方や効果を確認。


乳酸菌はヨーグルト以外にもチーズ等の乳製品、漬物、味噌、醤油などの発酵食品、お菓子のビスコにも入っている

乳酸菌による乳酸を生成する発酵過程は。ヨーグルト以外の発酵食品でも他の雑菌などの増加、腐敗を防ぐ効果がある。
特に漬物には植物由来の乳酸菌が多く、ヨーグルトなどに含まれる種菌よりも、腸に生きたまま到達しやすいと言われている。

醤油

乳酸菌が多い食べ物

乳酸菌が含まれている身近な食品を紹介。

関連する記事の新着

【漬物すげ~!!】日本食で快便な理由が分かった!?

『便秘解消に効果を発揮する乳酸菌は、昔から日本人が慣れ親しんでいた!?』伝統的な日本の食文化には乳酸菌が密接に関係しているのをご存知でしょうか? 便秘予防・解消に効果を発揮する乳酸菌パワーを持った日本食の凄さを知ろう!

乳酸菌の種類を身近なヨーグルトの効果で知りたい

ヨーグルトに書いてるLG21とかLB81って何か知ってますか?それは乳酸菌の名前です!おなかに良いって有名な乳酸菌には沢山の種類があるんですよ!?

ビオフェルミンが飲みたくなる!?乳酸菌の驚きのメカニズム

便秘や下痢は腸がシッカリ働いてない証拠!乳酸菌が成分のビオフェルミンで、悪玉菌を抑えて腸を本来の姿にもどしましょう!

The便秘ランキング The便秘の新着記事 The便秘Q&A

@mnrchan

The便秘のTwitter公式アカウントです。

ページの先頭へ